DRONE

北海道東部この風景を伝えるためにドローンは必需品。

ドローンだから撮れるアングルがある・必須アイテム

ドローン登場以前、鳥瞰・俯瞰で撮影するときには航空機による空撮やラジコンヘリコプターによる空撮がメインでした。映画ではクレーンを使ったりレールを使ってドリーしていましたがDJI製のドローンの登場以後、表現方法として空撮は手軽なものになりました。

様々な表現が可能

ドローンを使った空撮は150mの高所からの撮影が挙げられますが、もっとも魅力があるのは移動している被写体を追尾して撮るところだと思います。前述したようにドローンは空間的な自由をもたらしました。右の動画をご覧ください。これまではカーボンバイクが来るのを待ち構え、小さくなっていく姿を追いかけることしかできませんでしたが、被写体と同じスピード感で移動して、高速で流れていく風景を横目にレーサーの背中を追いかけることができるようになりました。

これによって視聴者はレーサーと同じスピード感を共有し、より高いシンパシーを感じるようになります。ロードバイク・オートバイ・自動車・ボートなどの乗り物に限らず、移動する被写体は数限りなくあります。

飛ばしただけで絵になるわけではない

ドローンの進歩はめざましく、毎年のように新製品が登場し解像度と共に機能も充実してきました。当初は高価だった価格も、次第に一般に手が届くところまで下がってきました。今では数万円クラスでドローンを購入できます。空撮はちょっとした設備投資で誰でも業務として可能になったのです。
しかし、空撮は常に墜落というリスクがつきまといます。ドローンを飛ばすこととドローンをコントロールすることは違います。またドローンをコントロールし映像を撮影するとなると別のトレーニングが必要です。雨後のタケノコのようにあちこちでドローン教室が開催されていることがその事実を物語っています。
オイコスでは事故を起こさないこととコンプライアンスを重視し、関係機関へ許可行為と飛行場所の承認を経て撮影することを徹底しています。承認の手続きも行っていますので希望の場所をお申し出ください。

価格モデルへ

釧路冬まつり 花火 空撮

ギャラリーへ »